« あさがおまつり | Main | おろしみそ »

July 07, 2006

クレジットカードで切符を買うときのメモ

一般のクレジットカードでもJRのみどりの窓口で切符が買えるようになってから数年が過ぎた。
以前もJRカードという、各社のみどりの窓口で使えるカードがあり、暗証番号をパッドで入力することにより購入することができた。このJRカードも、普通、一般的なVISAなどのクレジットカードと一緒になっていて、当たる駅員によっては少々扱いが違うことがあるらしい。

以下、今後のために自分のためにメモしておく。(自分の推測含む)
JR東日本のみどりの窓口で、「JRカード使用」と駅員に告げて切符を買ったときの、クレジットカードご利用票の記述
1.乗車変更や払いもどしの取扱箇所、内容、方法等に制限があります。切符の表示「クレジット」。
2.払戻しはJR東日本の取扱箇所のみでいたします。切符の表示「C制」

1.JRカードとして決済されているので問題なし。
2.一般のクレジットカードとして決済されている。他のJR各社で払戻すような場合に面倒なことになるので、敢えてJRカードを使っている意味がない。要注意。

昔は、1の場合は暗証番号をパッドで入力したが、2の場合サインを求められるため、そこでもおかしいと気づく。ところが、最近はICチップのカードになり、1の場合も暗証番号をパッドで入力するので、区別がつきにくい。
あとは、ご利用票の会員番号の表示の最初のアルファベットが違うところなど。買うときに注意しておきたい。

|

« あさがおまつり | Main | おろしみそ »

Comments

私自身、駅の窓口の中で働いております。そのようななかで何度か、奇怪な体験をしております。

JRカードでの決済でした。暗証番号を打ってもらい、発信のキーを叩きます。
出てきた乗車券類には「C制」の印字。「クレジット」で出なかったのです。
駅控の券片にも、JRカードには出てこないご署名の欄。不思議に思い、駅控とカードの会員番号を照合するが一致しているというもの。

とりあえず、乗車券の内容等に誤りが無いこと、これからのご利用で払い戻し・変更等が発生しないと思われることからそのままお渡ししましたが…。(列車の発車時刻も近づいていましたので)

ときどき、あの機械はそういう妙な動作を起こしてしまうのです。

Posted by: マルスたたき人 | September 25, 2006 at 17:22

なるほど。同じように操作をしても異なった決済方法になる場合もあるみたいですね。

カードを作ってすぐに一度発券された「C制」ですが、その後は出ていません。同じ現象に当たったという人が一人いて、やはりカードを作ってすぐに使った時にあったとのことでした。
そこでまた推測ですが、JRカードを作って、JRカードとして機能させるためにはカード会社からJRシステム(?)に何らかの登録が必要で、登録がされてないと、普通のクレジットカードとして働く。そして、「C制」になったのはそのわずかなタイムラグに偶然当たってしまったのではないかという可能性もあるのかな・・・。

Posted by: あるみ | September 25, 2006 at 21:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78714/10859328

Listed below are links to weblogs that reference クレジットカードで切符を買うときのメモ:

» クレジットカード会社と銀行の提携 [クレジットカード:銀行系クレジットカード]
トラックバック失礼いたします。 クレジットカード会社と銀行の提携クレジットカードなどのリテール業務に関しては、従来の銀行に全くないノウハウが必要といえます。しかし、この金融自由化の波の中で銀行が生き残っていくためには、収益のあがる見込みの高いクレジットカードなどのリテール業務は避けて通れない道でしょう。そこで、銀行は業務提携・資本提携という手段を使ってクレジットカードなどのリテール業務に進出することにしました。銀行にとって自分の弱点であるリテール業務への足がかりができるのは大...... [Read More]

Tracked on July 25, 2007 at 16:12

« あさがおまつり | Main | おろしみそ »